カートを見る 会員ログイン(マイページ) サイトマップ
RSS
発送予定1 12月16日(月発送予定2

パワーストーン浄化方法

パワーストーンの浄化方法には主に、による浄化、太陽光による浄化、天然塩による浄化、月光による浄化、水晶による浄化、による浄化、による浄化があります。

パワーストーンが本来持つ自然のエネルギー、パワーを余すところなく最大限引き出すために、パワーストーンを使い始める前や”パワーが落ちてきた、なんだか石が疲れてきた”と感じた時などに石の種類に適した方法で浄化する事をおすすめします。

石別の浄化方法 区切り線

タイガーアイの浄化方法 オニキスの浄化方法 水晶の浄化方法 ラピスラズリの浄化方法 ルチルの浄化方法

水による浄化方法区切り線

・本来、自然の湧き水や澄んだ清流などがベストですが、水道水でもかまいません。その場合、蛇口を少しあけ少量の流水に30分程度(石が疲れていると感じられる時は1~2時間程度)さらすことで十分な浄化効果が得られます。

・ミネラルウォーターやパワースポットで汲んできた水で浄化する場合は、水がたっぷり入る器を用意し、その中にパワーストーンを数時間~半日程度ひたします。浄化が完了したら、かならず乾いた布で十分に水気を拭き取ってください。

※水分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

水による浄化にむかない石の一例:インカローズ、ターコイズ、ヘマタイト、ラピスラズリ、スギライト、セレナイト、フローライト、マラカイト、アンバー(琥珀)、カルサイト、クリソコラ

水による浄化

太陽(日光)にあてる浄化方法区切り線

・活力と生命力にあふれた午前中(日の出からがベスト)に1~3時間程度、日光が良くあたる場所に置き太陽のエネルギーで浄化します。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

※直射日光(紫外線)に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

太陽光による浄化にむかない石の一例:アメジスト、トパーズ、ローズクォーツ、アクアマリン、カーネリアン、インカローズ、ターコイズ、シトリン、ラリマー、オパール、カルサイト

太陽による浄化

塩による浄化方法区切り線

・天然の塩を入れた器にパワーストーンを埋めます(塩の上に置くだけでも構わない)。

・一晩ほどおいたら取り出して水で塩を洗い流します。強力な浄化作用でパワーストーンの”疲れ”を取り去ります。

注:浄化後の塩には悪い気がこもっているので、よく水洗いしまそしょう。また使用後の塩は再利用できません。

※塩分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

塩による浄化にむかない石の一例:ヘマタイト、ターコイズ、フローライト、アンバー、マラカイト、カルサイト、クリソコラ

塩による浄化

月光による浄化方法区切り線

・雲などあまり無い静かな夜に一晩かけて月光にあてる浄化方法です。(風雨にさらしてしまっては、逆効果です)

・可能であれば屋外で直接、月光にあてる方法が良いのですが室内の窓辺で一晩、月光浴させるだけでも十分です。特に満月の夜はパワーが強いので効果的です。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

月光によく浄化

水晶による浄化方法区切り線

・クリスタルクォーツのさざれ(粒状に加工された水晶)、クラスター(水晶の群生)などの上にパワーストーンを半日~1日ほど置く浄化方法です。手軽で浄化効果も高いと、多くの方が行っている浄化方法です。

・水があらゆるものを洗い流すように、クリスタル(水晶)にはすべてを清め、浄化させてくれるパワーがあります。その水晶が本来持つ強力な浄化力によって、石が吸収したマイナスのエネルギーを浄化してくれるのです。

豆知識:古来より「神社仏閣」において、建立の際に水晶を床下や鬼門にまいて土地の浄化をしてきました。現代でも、玄関、トイレ、水回りや土地の鬼門に水晶粉や水晶さざれをまく(埋める)という事は広く行われています。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります

水晶による浄化

煙による浄化方法区切り線

・乾燥したセージやラベンダー(香りの良いハーブ)または御香の煙にパワーストーンを数十秒~数分かざすことにより、パワーストーンが吸収した悪い気を浄化する事ができます。

・パワーストーンを煙にかざす位置は、火の付いたハーブや御香から10cm~15cm位の高さが目安になります。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

煙による浄化

土による浄化方法区切り線

・母なる大地から生まれたパワーストーンを地中で休ませるというのは、まさに理にかなった浄化方法といえます。

・パワーストーンを綿などの天然素材でできた布で包み、日当たりの良い、けがれのない場所(神社仏閣など)に3~7日ていど埋めるというのが本来の方法で効果も絶大ですが、実際には限られた、ごく一部の人にしか実践できない浄化方法で、現実的ではありません。

・そこで、おすすめなのが陶器の入れ物(ふた付きがベスト)によく乾燥した土を入れ、その中に天然素材でできた布で包んだパワーストーンを埋めるという方法です。※土の上に置くのではなく、完全に埋めてください。

・置いておく場所は日当たりの良い窓辺で、埋めておく期間は3~7日程度です。

・補足ですが土の中に『水晶さざれ』を混ぜる事で、土そのものを浄化し、土の持つエネルギーをいっそう高める効果が生まれます。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

土による浄化

石のパワーチャージ方法

パワーストーンが本来持つ自然のエネルギーを余すところなく最大限引き出すために、パワーストーンを使い始める前や”パワーが落ちてきた、なんだか石が疲れてきた”と感じた時などに石の種類に適した方法でパワーチャージする事をおすすめします。なお、この方法は同時にパワーストーンの浄化にもなります。

太陽(日光)にあてるパワーチャージ方法区切り線

・活力と生命力にあふれた午前中(日の出からがベスト)に1~3時間程度、日光が良くあたる場所に置き太陽のエネルギーでパワーチャージします。

※この方法は同時にパワーストーンの浄化にもなります。

※直射日光(紫外線)に弱いパワーストーンには使えないパワーチャージ方法です。

太陽光によるパワーチャージにむかない石の一例:アメジスト、トパーズ、ローズクォーツ、アクアマリン、カーネリアン、インカローズ、ターコイズ、シトリン、ラリマー、オパール、カルサイト

太陽による浄化

月光によるパワーチャージ方法区切り線

・雲などあまり無い静かな夜に一晩かけて月光にあてるパワーチャージ方法です。(風雨にさらすと逆効果です)

・可能であれば屋外で直接、月光にあてる方法が良いのですが室内の窓辺で一晩、月光浴させるだけでも十分です。特に満月の夜はパワーが強いので効果的です。

※すべてのパワーストーンに使えるパワーチャージ方法です。

※この方法は同時に天然石の浄化にもなります。

月光によく浄化

水晶によるパワーチャージ方法区切り線

・クリスタルクォーツのさざれ(粒状に加工された水晶)、クラスター(水晶の群生)などの上にパワーストーンを半日~1日ほど置くパワーチャージ方法です。手軽で効果も高いと、多くの方が行っている方法です。

・水があらゆるものを洗い流すように、クリスタル(水晶)にはすべてを清め、浄化させてくれるパワーがあります。その水晶が持つ強力な浄化力によって、石が吸収したマイナスのエネルギーを吸収浄化し、パワーストーンが本来持つ未知なるパワーを最大限引き出すのです。

※すべてのパワーストーンに使えるパワーチャージ方法です。

※この方法は同時に天然石の浄化にもなります

水晶による浄化

水晶の浄化方法

水晶の浄化方法

パワーストーンの浄化方法には主に、による浄化、太陽光による浄化、天然塩による浄化、月光による浄化、水晶による浄化、による浄化、による浄化があります。

【水晶はこれら、すべての方法を用いることができます】

パワーストーンが本来持つ自然のエネルギー、パワーを余すところなく最大限引き出すために、パワーストーンを使い始める前や”パワーが落ちてきた、なんだか石が疲れてきた”と感じた時などに石の種類に適した方法で浄化する事をおすすめします。

オニキスの浄化方法  タイガーアイの浄化方法  ラピスラズリの浄化方法  ルチルクォーツの浄化方法

水による浄化方法区切り線

・本来、自然の湧き水や澄んだ清流などがベストですが、水道水でもかまいません。その場合、蛇口を少しあけ少量の流水に30分程度(石が疲れていると感じられる時は1~2時間程度)さらすことで十分な浄化効果が得られます。

・ミネラルウォーターやパワースポットで汲んできた水で浄化する場合は、水がたっぷり入る器を用意し、その中にパワーストーンを数時間~半日程度ひたします。浄化が完了したら、かならず乾いた布で十分に水気を拭き取ってください。

※水分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

水による浄化にむかない石の一例:インカローズ、ターコイズ、ヘマタイト、ラピスラズリ、スギライト、セレナイト、フローライト、マラカイト、アンバー(琥珀)、カルサイト、クリソコラ

水による浄化

太陽(日光)にあてる浄化方法区切り線

・活力と生命力にあふれた午前中(日の出からがベスト)に1~3時間程度、日光が良くあたる場所に置き太陽のエネルギーで浄化します。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

※直射日光(紫外線)に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

太陽光による浄化にむかない石の一例:アメジスト、トパーズ、ローズクォーツ、アクアマリン、カーネリアン、インカローズ、ターコイズ、シトリン、ラリマー、オパール、カルサイト

太陽による浄化

塩による浄化方法区切り線

・天然の塩を入れた器にパワーストーンを埋めます(塩の上に置くだけでも構わない)。

・一晩ほどおいたら取り出して水で塩を洗い流します。強力な浄化作用でパワーストーンの”疲れ”を取り去ります。

注:浄化後の塩には悪い気がこもっているので、よく水洗いしまそしょう。また使用後の塩は再利用できません。

※塩分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

塩による浄化にむかない石の一例:ヘマタイト、ターコイズ、フローライト、アンバー、マラカイト、カルサイト、クリソコラ

塩による浄化

月光による浄化方法区切り線

・雲などあまり無い静かな夜に一晩かけて月光にあてる浄化方法です。(風雨にさらしてしまっては、逆効果です)

・可能であれば屋外で直接、月光にあてる方法が良いのですが室内の窓辺で一晩、月光浴させるだけでも十分です。特に満月の夜はパワーが強いので効果的です。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

月光によく浄化

水晶による浄化方法区切り線

・クリスタルクォーツのさざれ(粒状に加工された水晶)、クラスター(水晶の群生)などの上にパワーストーンを半日~1日ほど置く浄化方法です。手軽で浄化効果も高いと、多くの方が行っている浄化方法です。

・水があらゆるものを洗い流すように、クリスタル(水晶)にはすべてを清め、浄化させてくれるパワーがあります。その水晶が本来持つ強力な浄化力によって、石が吸収したマイナスのエネルギーを浄化してくれるのです。

豆知識:古来より「神社仏閣」において、建立の際に水晶を床下や鬼門にまいて土地の浄化をしてきました。現代でも、玄関、トイレ、水回りや土地の鬼門に水晶粉や水晶さざれをまく(埋める)という事は広く行われています。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります

水晶による浄化

煙による浄化方法区切り線

・乾燥したセージやラベンダー(香りの良いハーブ)または御香の煙にパワーストーンを数十秒~数分かざすことにより、パワーストーンが吸収した悪い気を浄化する事ができます。

・パワーストーンを煙にかざす位置は、火の付いたハーブや御香から10cm~15cm位の高さが目安になります。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

煙による浄化

土による浄化方法区切り線

・母なる大地から生まれたパワーストーンを地中で休ませるというのは、まさに理にかなった浄化方法といえます。

・パワーストーンを綿などの天然素材でできた布で包み、日当たりの良い、けがれのない場所(神社仏閣など)に3~7日ていど埋めるというのが本来の方法で効果も絶大ですが、実際には限られた、ごく一部の人にしか実践できない浄化方法で、現実的ではありません。

・そこで、おすすめなのが陶器の入れ物(ふた付きがベスト)によく乾燥した土を入れ、その中に天然素材でできた布で包んだパワーストーンを埋めるという方法です。※土の上に置くのではなく、完全に埋めてください。

・置いておく場所は日当たりの良い窓辺で、埋めておく期間は3~7日程度です。

・補足ですが土の中に『水晶さざれ』を混ぜる事で、土そのものを浄化し、土の持つエネルギーをいっそう高める効果が生まれます。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

土による浄化

オニキスの浄化方法

オニキスの浄化方法

パワーストーンの浄化方法には主に、による浄化、太陽光による浄化、天然塩による浄化、月光による浄化、水晶による浄化、による浄化、による浄化があります。

【オニキスはこれら、すべての方法を用いることができます】

パワーストーンが本来持つ自然のエネルギー、パワーを余すところなく最大限引き出すために、パワーストーンを使い始める前や”パワーが落ちてきた、なんだか石が疲れてきた”と感じた時などに石の種類に適した方法で浄化する事をおすすめします。

水晶の浄化方法  タイガーアイの浄化方法  ラピスラズリの浄化方法  ルチルクォーツの浄化方法

水による浄化方法区切り線

・本来、自然の湧き水や澄んだ清流などがベストですが、水道水でもかまいません。その場合、蛇口を少しあけ少量の流水に30分程度(石が疲れていると感じられる時は1~2時間程度)さらすことで十分な浄化効果が得られます。

・ミネラルウォーターやパワースポットで汲んできた水で浄化する場合は、水がたっぷり入る器を用意し、その中にパワーストーンを数時間~半日程度ひたします。浄化が完了したら、かならず乾いた布で十分に水気を拭き取ってください。

※水分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

水による浄化にむかない石の一例:インカローズ、ターコイズ、ヘマタイト、ラピスラズリ、スギライト、セレナイト、フローライト、マラカイト、アンバー(琥珀)、カルサイト、クリソコラ

水による浄化

太陽(日光)にあてる浄化方法区切り線

・活力と生命力にあふれた午前中(日の出からがベスト)に1~3時間程度、日光が良くあたる場所に置き太陽のエネルギーで浄化します。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

※直射日光(紫外線)に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

太陽光による浄化にむかない石の一例:アメジスト、トパーズ、ローズクォーツ、アクアマリン、カーネリアン、インカローズ、ターコイズ、シトリン、ラリマー、オパール、カルサイト

太陽による浄化

塩による浄化方法区切り線

・天然の塩を入れた器にパワーストーンを埋めます(塩の上に置くだけでも構わない)。

・一晩ほどおいたら取り出して水で塩を洗い流します。強力な浄化作用でパワーストーンの”疲れ”を取り去ります。

注:浄化後の塩には悪い気がこもっているので、よく水洗いしまそしょう。また使用後の塩は再利用できません。

※塩分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

塩による浄化にむかない石の一例:ヘマタイト、ターコイズ、フローライト、アンバー、マラカイト、カルサイト、クリソコラ

塩による浄化

月光による浄化方法区切り線

・雲などあまり無い静かな夜に一晩かけて月光にあてる浄化方法です。(風雨にさらしてしまっては、逆効果です)

・可能であれば屋外で直接、月光にあてる方法が良いのですが室内の窓辺で一晩、月光浴させるだけでも十分です。特に満月の夜はパワーが強いので効果的です。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

月光によく浄化

水晶による浄化方法区切り線

・クリスタルクォーツのさざれ(粒状に加工された水晶)、クラスター(水晶の群生)などの上にパワーストーンを半日~1日ほど置く浄化方法です。手軽で浄化効果も高いと、多くの方が行っている浄化方法です。

・水があらゆるものを洗い流すように、クリスタル(水晶)にはすべてを清め、浄化させてくれるパワーがあります。その水晶が本来持つ強力な浄化力によって、石が吸収したマイナスのエネルギーを浄化してくれるのです。

豆知識:古来より「神社仏閣」において、建立の際に水晶を床下や鬼門にまいて土地の浄化をしてきました。現代でも、玄関、トイレ、水回りや土地の鬼門に水晶粉や水晶さざれをまく(埋める)という事は広く行われています。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります

水晶による浄化

煙による浄化方法区切り線

・乾燥したセージやラベンダー(香りの良いハーブ)または御香の煙にパワーストーンを数十秒~数分かざすことにより、パワーストーンが吸収した悪い気を浄化する事ができます。

・パワーストーンを煙にかざす位置は、火の付いたハーブや御香から10cm~15cm位の高さが目安になります。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

煙による浄化

土による浄化方法区切り線

・母なる大地から生まれたパワーストーンを地中で休ませるというのは、まさに理にかなった浄化方法といえます。

・パワーストーンを綿などの天然素材でできた布で包み、日当たりの良い、けがれのない場所(神社仏閣など)に3~7日ていど埋めるというのが本来の方法で効果も絶大ですが、実際には限られた、ごく一部の人にしか実践できない浄化方法で、現実的ではありません。

・そこで、おすすめなのが陶器の入れ物(ふた付きがベスト)によく乾燥した土を入れ、その中に天然素材でできた布で包んだパワーストーンを埋めるという方法です。※土の上に置くのではなく、完全に埋めてください。

・置いておく場所は日当たりの良い窓辺で、埋めておく期間は3~7日程度です。

・補足ですが土の中に『水晶さざれ』を混ぜる事で、土そのものを浄化し、土の持つエネルギーをいっそう高める効果が生まれます。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

土による浄化

タイガーアイの浄化方法

タイガーアイの浄化方法

パワーストーンの浄化方法には主に、による浄化、太陽光による浄化、天然塩による浄化、月光による浄化、水晶による浄化、による浄化、による浄化があります。

【タイガーアイはこれら、すべての方法を用いることができます】

パワーストーンが本来持つ自然のエネルギー、パワーを余すところなく最大限引き出すために、パワーストーンを使い始める前や”パワーが落ちてきた、なんだか石が疲れてきた”と感じた時などに石の種類に適した方法で浄化する事をおすすめします。

水晶の浄化方法  オニキスの浄化方法  ラピスラズリの浄化方法  ルチルクォーツの浄化方法

水による浄化方法区切り線

・本来、自然の湧き水や澄んだ清流などがベストですが、水道水でもかまいません。その場合、蛇口を少しあけ少量の流水に30分程度(石が疲れていると感じられる時は1~2時間程度)さらすことで十分な浄化効果が得られます。

・ミネラルウォーターやパワースポットで汲んできた水で浄化する場合は、水がたっぷり入る器を用意し、その中にパワーストーンを数時間~半日程度ひたします。浄化が完了したら、かならず乾いた布で十分に水気を拭き取ってください。

※水分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

水による浄化にむかない石の一例:インカローズ、ターコイズ、ヘマタイト、ラピスラズリ、スギライト、セレナイト、フローライト、マラカイト、アンバー(琥珀)、カルサイト、クリソコラ

水による浄化

太陽(日光)にあてる浄化方法区切り線

・活力と生命力にあふれた午前中(日の出からがベスト)に1~3時間程度、日光が良くあたる場所に置き太陽のエネルギーで浄化します。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

※直射日光(紫外線)に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

太陽光による浄化にむかない石の一例:アメジスト、トパーズ、ローズクォーツ、アクアマリン、カーネリアン、インカローズ、ターコイズ、シトリン、ラリマー、オパール、カルサイト

太陽による浄化

塩による浄化方法区切り線

・天然の塩を入れた器にパワーストーンを埋めます(塩の上に置くだけでも構わない)。

・一晩ほどおいたら取り出して水で塩を洗い流します。強力な浄化作用でパワーストーンの”疲れ”を取り去ります。

注:浄化後の塩には悪い気がこもっているので、よく水洗いしまそしょう。また使用後の塩は再利用できません。

※塩分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

塩による浄化にむかない石の一例:ヘマタイト、ターコイズ、フローライト、アンバー、マラカイト、カルサイト、クリソコラ

塩による浄化

月光による浄化方法区切り線

・雲などあまり無い静かな夜に一晩かけて月光にあてる浄化方法です。(風雨にさらしてしまっては、逆効果です)

・可能であれば屋外で直接、月光にあてる方法が良いのですが室内の窓辺で一晩、月光浴させるだけでも十分です。特に満月の夜はパワーが強いので効果的です。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

月光によく浄化

水晶による浄化方法区切り線

・クリスタルクォーツのさざれ(粒状に加工された水晶)、クラスター(水晶の群生)などの上にパワーストーンを半日~1日ほど置く浄化方法です。手軽で浄化効果も高いと、多くの方が行っている浄化方法です。

・水があらゆるものを洗い流すように、クリスタル(水晶)にはすべてを清め、浄化させてくれるパワーがあります。その水晶が本来持つ強力な浄化力によって、石が吸収したマイナスのエネルギーを浄化してくれるのです。

豆知識:古来より「神社仏閣」において、建立の際に水晶を床下や鬼門にまいて土地の浄化をしてきました。現代でも、玄関、トイレ、水回りや土地の鬼門に水晶粉や水晶さざれをまく(埋める)という事は広く行われています。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります

水晶による浄化

煙による浄化方法区切り線

・乾燥したセージやラベンダー(香りの良いハーブ)または御香の煙にパワーストーンを数十秒~数分かざすことにより、パワーストーンが吸収した悪い気を浄化する事ができます。

・パワーストーンを煙にかざす位置は、火の付いたハーブや御香から10cm~15cm位の高さが目安になります。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

煙による浄化

土による浄化方法区切り線

・母なる大地から生まれたパワーストーンを地中で休ませるというのは、まさに理にかなった浄化方法といえます。

・パワーストーンを綿などの天然素材でできた布で包み、日当たりの良い、けがれのない場所(神社仏閣など)に3~7日ていど埋めるというのが本来の方法で効果も絶大ですが、実際には限られた、ごく一部の人にしか実践できない浄化方法で、現実的ではありません。

・そこで、おすすめなのが陶器の入れ物(ふた付きがベスト)によく乾燥した土を入れ、その中に天然素材でできた布で包んだパワーストーンを埋めるという方法です。※土の上に置くのではなく、完全に埋めてください。

・置いておく場所は日当たりの良い窓辺で、埋めておく期間は3~7日程度です。

・補足ですが土の中に『水晶さざれ』を混ぜる事で、土そのものを浄化し、土の持つエネルギーをいっそう高める効果が生まれます。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

土による浄化

ラピスラズリの浄化方法

ラピスラズリの浄化方法

パワーストーンの浄化方法には主に、による浄化、太陽光による浄化、天然塩による浄化、月光による浄化、水晶による浄化、による浄化、による浄化があります。

【ラピスラズリに適した浄化方法】:月光による浄化、水晶による浄化、煙による浄化、土による浄化

【ラピスラズリに適さない浄化方法】:水による浄化、太陽光による浄化、天然塩による浄化

パワーストーンが本来持つ自然のエネルギー、パワーを余すところなく最大限引き出すために、パワーストーンを使い始める前や”パワーが落ちてきた、なんだか石が疲れてきた”と感じた時などに石の種類に適した方法で浄化する事をおすすめします。

水晶の浄化方法  オニキスの浄化方法  タイガーアイの浄化方法  ルチルクォーツの浄化方法

水による浄化方法区切り線

・本来、自然の湧き水や澄んだ清流などがベストですが、水道水でもかまいません。その場合、蛇口を少しあけ少量の流水に30分程度(石が疲れていると感じられる時は1~2時間程度)さらすことで十分な浄化効果が得られます。

・ミネラルウォーターやパワースポットで汲んできた水で浄化する場合は、水がたっぷり入る器を用意し、その中にパワーストーンを数時間~半日程度ひたします。浄化が完了したら、かならず乾いた布で十分に水気を拭き取ってください。

※水分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

水による浄化にむかない石の一例:インカローズ、ターコイズ、ヘマタイト、ラピスラズリ、スギライト、セレナイト、フローライト、マラカイト、アンバー(琥珀)、カルサイト、クリソコラ

水による浄化

太陽(日光)にあてる浄化方法区切り線

・活力と生命力にあふれた午前中(日の出からがベスト)に1~3時間程度、日光が良くあたる場所に置き太陽のエネルギーで浄化します。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

※直射日光(紫外線)に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

太陽光による浄化にむかない石の一例:アメジスト、トパーズ、ローズクォーツ、アクアマリン、カーネリアン、インカローズ、ターコイズ、シトリン、ラリマー、オパール、カルサイト

太陽による浄化

塩による浄化方法区切り線

・天然の塩を入れた器にパワーストーンを埋めます(塩の上に置くだけでも構わない)。

・一晩ほどおいたら取り出して水で塩を洗い流します。強力な浄化作用でパワーストーンの”疲れ”を取り去ります。

注:浄化後の塩には悪い気がこもっているので、よく水洗いしまそしょう。また使用後の塩は再利用できません。

※塩分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

塩による浄化にむかない石の一例:ヘマタイト、ターコイズ、フローライト、アンバー、マラカイト、カルサイト、クリソコラ

塩による浄化

月光による浄化方法区切り線

・雲などあまり無い静かな夜に一晩かけて月光にあてる浄化方法です。(風雨にさらしてしまっては、逆効果です)

・可能であれば屋外で直接、月光にあてる方法が良いのですが室内の窓辺で一晩、月光浴させるだけでも十分です。特に満月の夜はパワーが強いので効果的です。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

月光によく浄化

水晶による浄化方法区切り線

・クリスタルクォーツのさざれ(粒状に加工された水晶)、クラスター(水晶の群生)などの上にパワーストーンを半日~1日ほど置く浄化方法です。手軽で浄化効果も高いと、多くの方が行っている浄化方法です。

・水があらゆるものを洗い流すように、クリスタル(水晶)にはすべてを清め、浄化させてくれるパワーがあります。その水晶が本来持つ強力な浄化力によって、石が吸収したマイナスのエネルギーを浄化してくれるのです。

豆知識:古来より「神社仏閣」において、建立の際に水晶を床下や鬼門にまいて土地の浄化をしてきました。現代でも、玄関、トイレ、水回りや土地の鬼門に水晶粉や水晶さざれをまく(埋める)という事は広く行われています。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります

水晶による浄化

煙による浄化方法区切り線

・乾燥したセージやラベンダー(香りの良いハーブ)または御香の煙にパワーストーンを数十秒~数分かざすことにより、パワーストーンが吸収した悪い気を浄化する事ができます。

・パワーストーンを煙にかざす位置は、火の付いたハーブや御香から10cm~15cm位の高さが目安になります。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

煙による浄化

土による浄化方法区切り線

・母なる大地から生まれたパワーストーンを地中で休ませるというのは、まさに理にかなった浄化方法といえます。

・パワーストーンを綿などの天然素材でできた布で包み、日当たりの良い、けがれのない場所(神社仏閣など)に3~7日ていど埋めるというのが本来の方法で効果も絶大ですが、実際には限られた、ごく一部の人にしか実践できない浄化方法で、現実的ではありません。

・そこで、おすすめなのが陶器の入れ物(ふた付きがベスト)によく乾燥した土を入れ、その中に天然素材でできた布で包んだパワーストーンを埋めるという方法です。※土の上に置くのではなく、完全に埋めてください。

・置いておく場所は日当たりの良い窓辺で、埋めておく期間は3~7日程度です。

・補足ですが土の中に『水晶さざれ』を混ぜる事で、土そのものを浄化し、土の持つエネルギーをいっそう高める効果が生まれます。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

土による浄化

ルチルクォーツ浄化方法

ルチルクォーツの浄化方法

パワーストーンの浄化方法には主に、による浄化、太陽光による浄化、天然塩による浄化、月光による浄化、水晶による浄化、による浄化、による浄化があります。

【ルチルクォーツはこれら、すべての方法を用いることができます】

パワーストーンが本来持つ自然のエネルギー、パワーを余すところなく最大限引き出すために、パワーストーンを使い始める前や”パワーが落ちてきた、なんだか石が疲れてきた”と感じた時などに石の種類に適した方法で浄化する事をおすすめします。

水晶の浄化方法 オニキスの浄化方法 タイガーアイの浄化方法 ラピスラズリの浄化方法

水による浄化方法区切り線

・本来、自然の湧き水や澄んだ清流などがベストですが、水道水でもかまいません。その場合、蛇口を少しあけ少量の流水に30分程度(石が疲れていると感じられる時は1~2時間程度)さらすことで十分な浄化効果が得られます。

・ミネラルウォーターやパワースポットで汲んできた水で浄化する場合は、水がたっぷり入る器を用意し、その中にパワーストーンを数時間~半日程度ひたします。浄化が完了したら、かならず乾いた布で十分に水気を拭き取ってください。

※水分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

水による浄化にむかない石の一例:インカローズ、ターコイズ、ヘマタイト、ラピスラズリ、スギライト、セレナイト、フローライト、マラカイト、アンバー(琥珀)、カルサイト、クリソコラ

水による浄化

太陽(日光)にあてる浄化方法区切り線

・活力と生命力にあふれた午前中(日の出からがベスト)に1~3時間程度、日光が良くあたる場所に置き太陽のエネルギーで浄化します。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

※直射日光(紫外線)に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

太陽光による浄化にむかない石の一例:アメジスト、トパーズ、ローズクォーツ、アクアマリン、カーネリアン、インカローズ、ターコイズ、シトリン、ラリマー、オパール、カルサイト

太陽による浄化

塩による浄化方法区切り線

・天然の塩を入れた器にパワーストーンを埋めます(塩の上に置くだけでも構わない)。

・一晩ほどおいたら取り出して水で塩を洗い流します。強力な浄化作用でパワーストーンの”疲れ”を取り去ります。

注:浄化後の塩には悪い気がこもっているので、よく水洗いしまそしょう。また使用後の塩は再利用できません。

※塩分に弱いパワーストーンには使えない浄化方法です。

※金具やシリコンゴムを使ったパワーストーンブレスレットやペンダントなどには、おすすめ出来ない浄化方法です。

塩による浄化にむかない石の一例:ヘマタイト、ターコイズ、フローライト、アンバー、マラカイト、カルサイト、クリソコラ

塩による浄化

月光による浄化方法区切り線

・雲などあまり無い静かな夜に一晩かけて月光にあてる浄化方法です。(風雨にさらしてしまっては、逆効果です)

・可能であれば屋外で直接、月光にあてる方法が良いのですが室内の窓辺で一晩、月光浴させるだけでも十分です。特に満月の夜はパワーが強いので効果的です。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります。

月光によく浄化

水晶による浄化方法区切り線

・クリスタルクォーツのさざれ(粒状に加工された水晶)、クラスター(水晶の群生)などの上にパワーストーンを半日~1日ほど置く浄化方法です。手軽で浄化効果も高いと、多くの方が行っている浄化方法です。

・水があらゆるものを洗い流すように、クリスタル(水晶)にはすべてを清め、浄化させてくれるパワーがあります。その水晶が本来持つ強力な浄化力によって、石が吸収したマイナスのエネルギーを浄化してくれるのです。

豆知識:古来より「神社仏閣」において、建立の際に水晶を床下や鬼門にまいて土地の浄化をしてきました。現代でも、玄関、トイレ、水回りや土地の鬼門に水晶粉や水晶さざれをまく(埋める)という事は広く行われています。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

※この方法は同時にパワーチャージにもなります

水晶による浄化

煙による浄化方法区切り線

・乾燥したセージやラベンダー(香りの良いハーブ)または御香の煙にパワーストーンを数十秒~数分かざすことにより、パワーストーンが吸収した悪い気を浄化する事ができます。

・パワーストーンを煙にかざす位置は、火の付いたハーブや御香から10cm~15cm位の高さが目安になります。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

煙による浄化

土による浄化方法区切り線

・母なる大地から生まれたパワーストーンを地中で休ませるというのは、まさに理にかなった浄化方法といえます。

・パワーストーンを綿などの天然素材でできた布で包み、日当たりの良い、けがれのない場所(神社仏閣など)に3~7日ていど埋めるというのが本来の方法で効果も絶大ですが、実際には限られた、ごく一部の人にしか実践できない浄化方法で、現実的ではありません。

・そこで、おすすめなのが陶器の入れ物(ふた付きがベスト)によく乾燥した土を入れ、その中に天然素材でできた布で包んだパワーストーンを埋めるという方法です。※土の上に置くのではなく、完全に埋めてください。

・置いておく場所は日当たりの良い窓辺で、埋めておく期間は3~7日程度です。

・補足ですが土の中に『水晶さざれ』を混ぜる事で、土そのものを浄化し、土の持つエネルギーをいっそう高める効果が生まれます。

※すべてのパワーストーンに使える浄化方法です。

土による浄化

ページトップへ