カートを見る 会員ログイン(マイページ) サイトマップ
RSS
発送予定1 12月16日(月発送予定2

ガネーシュヒマール水晶が採取されるまで

a13ヒマラヤ水晶


a1ヒマラヤ水晶
【1】水晶採掘の旅の始まり、登山開始です
a2ヒマラヤ水晶
【2】途中つり橋を渡り・・・
a3ヒマラヤ水晶
【3】険しい岩山を登って進みます
a4ヒマラヤ水晶
【4】日暮れ前のヒマラヤ山脈を臨みます
a5ヒマラヤ水晶
【5】夜は山小屋で一泊します
a6ヒマラヤ水晶
【6】二日目の朝、谷合のつり橋を渡って進みます
a7ヒマラヤ水晶
【7】目指すは標高7,000mのガネーシュヒマール山
a8ヒマラヤ水晶
【8】目的地付近には積雪があり、気温が低く寒いです
a9ヒマラヤ水晶
【9】岩場の洞窟の中へ探索に行きます
a10ヒマラヤ水晶
【10】.岩肌に運良く水晶を発見することができました
a11ヒマラヤ水晶
【11】手彫りで水晶を傷つけないように1つ1つ丁寧に採掘します
a12ヒマラヤ水晶
【12】何千万年という悠久の時を経て、自然が育んだ透明度の高いヒマラヤ水晶の採掘現場、貴重な写真です


ヒマラヤ水晶 産地の説明
~ティップリン産ガネーシュヒマール水晶~

同じガネーシュヒマール産水晶の中でも、ティップリン産の結晶は際立った特徴を持っています。
水晶の密度が他の産地より高く、非常に高い透明度と光沢のある結晶が多く産出され、半透明な部分が全くない100%透明な結晶が産出されることもあります。
結晶の表面に鉄分が付着して金色や虹色に輝く「ゴールデンヒーラー」となって産出されるものも比較的多く、セプタークォーツ(松茸水晶、キノコ水晶)も産出されます。
稀に通常のセプターより特別珍しいライトアメジスト(極淡い紫水晶)のセプタークォーツが産出されるのもティップリンの特徴です。
大きさは、セプタークォーツを除いてティップリン産の水晶は小ぶりで、通常1kg以下のものがほとんどとなります。

ページトップへ